2006年10月31日

スラムダンク奨学金!!

SLAMDUNK SCHOLARSHIP
http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/index.html
やってくれたぜ!井上雄彦氏っ!!

どもっ!今夜もミーハーI氏ですっ!!

しかも、プレップスクール!
わかんない?Understand?
プレップスクールとは
日本の高校の3年間の後に、さらに1年の課程が併設された高校、と考えてください。奨学生は、このポストグラデュエイト(卒業後)と呼ばれる、しいて言えば高校4年生に当たるクラスに編入されます。このクラスは、優秀な選手でありながら、高校卒業時に希望の大学に入れなかった生徒が集まるほかに、アメリカの大学でプレーをし、さらにNBAをはじめとするプロになる夢を持つ、英語を母国語としない海外の若い選手にとっても、最適な留学先となっています。そうして、優秀なアスリートが集中するため、大変高いレベルで競技が行われ、アメリカの各大学のコーチ達が注目することになります。(抜粋)

スゲーよスゲーよ。

ここが違うよね。ただ進学を応援するのではなく
プレーヤーの「夢」を応援する。
そのために最適な「場」の提供。

I氏久々ビビビと来ました。

朝「感動の賞味期限ってなんだべ・・・」とか
日ハム優勝、新庄引退にあれだけ沸いていたのに
この周りの一気に冷め様・・・とか考えてた矢先だったんで
なまら驚きです。

続いてこれぇ!!
バガボンド画集!!二冊同時発売!!
『【初回】【限定】応募者全員サービス』付きぃ!!
↑これにやられるんだよね、ミーハーは。北海道人は。笑
http://www.e-1day.jp/morning/anniversary/vagabond/
20061030233543.jpg
んで、メイキングとか、DVD
http://www.flow-er.co.jp

いやぁ・・・絶句。すげぇよ・・・。

最後に井上氏の言葉、掲載。

自分がどこまで行けるか、決められるのは自分だけ。
ここまでだと思ったら、そこまで。

多くの人が日本のバスケは弱いと言う。
日本人には無理だと言う。
日本人自身がそう思っている限りは、
それ以上にはなれない。
プレーヤー、指導者、そしてサポーターも。
いつの間にか僕たちが
自らを設定してしまった壁を壊したい。

バスケに夢中になる子供の夢が、
日本に生まれたという理由で静かに徐々に色褪せていく。
それが現実なら、変えたいと思う。
今僕にできることとして、奨学金制度を考えた。
壁を壊すきっかけになるだろうか。

バスケットボールに出会ったから漫画が描けた。
今、バスケに夢中な少年たちに、
その感動を返したいと思う。


以上。
・・・すべてが語られてると思います。

その言葉と行動が、すでにみんなの力になっているんですよ
と井上さんに申したい。

なろう、俺もこういう男に。こういうオトナに。
posted by I氏 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

日本三大ブス都市について考える。

最近は風邪が流行しているみたいですね。
そういう流行は取り入れないミーハーI氏です。
こん・・・ゴホゴホっ!ばん・・・ヘックショイ!・・・は!
(なんだかんだで兆候ありの健康マニア。笑)

mixiにて思った事を書いた所、思った異常に反響があり、
またコメントから初めて、三大ブス(言い方悪いね。ドンマイちゃんにしよう。笑)都市という存在を知り
思いを馳せてみたのでした・・・。

なんでだろぉ〜お♪なんでだろぉ〜お♪(古っ?)

その三大都市は仙台、水戸、名古屋らしい。
仙台しか行った事が無いので、何とも言えないが・・・。

まず考えたのが、「殿様物色I氏説」
全部の都市で「城」が絡んでいる事に注目。
殿様、独り占めで、にも関わらず、子孫繁栄をあんま頑張らなかった。笑
・・・なら少しは美人のDNAが・・・ボツ。

次、「殿様ブス専I氏説」
世が世なら、むしろドンマイちゃんが美人だった時代もあるわけで。
これありだね。アリでしょ?

で、実際イロイロ調べてみたわけ。
ここ面白かったんで参照。
http://www.med-legend.com/column/urbanlegend9.html
鼻血ブーの話もウケます。

意外とI氏説も外れてはいないのね。
そっかぁ〜・・・むしろ連れて行かれたり、放出するケースが多かったのかぁ。
ドラフト会議みたいだ。笑。昔って大変ね。


でも一論あれば、反論アリ。
三大ブサイク都市って話は聞かないネェ。
美「人」だから、男も入るのかぁ?

男はあの女はどうだ、この女はどうだって昔からスキなんだべか。
話はつきません。
はい、こんな事ばっかりいつも考えてます。笑

あ、そう言えば日本三景の松島。見てきたんだった(ついで。笑)
まつしまや ああまつしまや・・・で有名。
もうこの頃には芭蕉ブームが来てて、何言ってもアリだったんだろうね、
きっと。笑

(お断り:この文中でつかわれている「ブス」という表現は、あくまで世俗的な通念として無責任に語られるものであって、私自身がある価値観のもとに同意して使っているものではないことを強調しておきます。)

ちなみに、キン肉族三大奥義は
マッスル・リベンジャー、マッスル・インフェルノ、マッスル・スパーク
です。笑
posted by I氏 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

己を走る 〜カン〜

読者(後輩)に急かされて、とっつかれて
半脅迫観念で更新します。I氏です。

Blog更新という事は、勿論人気コーナーの
今週のRobo(仮)も更新するわけで、
更新するためには急いで作らなくてはいけないわけで・・・
はい、ネジ入れるトコ間違えて、パーツぶっ壊れました。
だって一箇所だけ「裏返して入れる」って書いてあるんだもの・・・泣

明日別注しよう・・・せかされてやるもんじゃあないっ!!怒

はい、でも「言った事はやろう」の社会人精神で更新します。


今夜は、二週間前に出たセミナーからの
抜粋です。(また、新鮮さ少なっ!!)
全国のフリーター、ニート諸君しかと見るように。
(えらそう。)あ、見てください。笑

問一 現在のニート・フリーター人口は
@四国の全人口と同じ A札幌市の人口より多い
どっちでしょう。そもそも、選択肢の人数がわからん!て?
はい、俺と同レベルです、LVアップしましょう。笑
@400万 A200万 です。インターネットで検索した人、
ズルいけど、先生そういう賢さは大好きです。笑

ポ〜ン♪時間終了です。答え、@番。では続けて

問二 ニート・フリーター(めんどいのでNFってします。笑)と正社員
大体ならして生涯賃金でどれくらい違うでしょう。
@一億円 A三億円
サマージャンボかドリームジャンボかの違いくらいですか。笑
おいおいおい、そこよりどっちも
宝くじ(当たらない)を一発当てたくらいじゃねぇか!?
ってトコ、驚いて下さいね。笑

ポ〜ン♪時間終了です。答え、@番。
宝くじ買わなくても正社員の皆様、一発当ててます。NFに比べてですが。笑

所得格差は80年の10倍に比べ、現在168倍って感じです。
はい、これ貧富の差拡大ってやつです。

五件に一件が貯蓄無し(読んでて耳が痛い人いませんか?笑)
1600万人が消費者金融のお世話になっている
(だから消費者金融の調子もうなぎ登り、
保険金の掛け方もえげつないってワケデスネ。
※勿論全部ではないでしょうけど)
そして極めつけは、日本にて餓死378名(現在)
・・・途上国とかじゃないスからね。汗

二十年後 年収300万以下 40%になるとの予想。
・・・おいおいおい、俺二十年後も今に毛が生えたぐらいか!?笑

いやぁ〜世の中物騒ですな。なにが起こるかわかんないんだから。
↑最近の部長の口癖。笑

まぁ今回のタイトルではないですが、
己が好きな事で走り出す → 「起」業
って道で、雇われる立場からの脱却って方法もあるわけです。
って話。
貧富の差の「貧」に「富」になるかは個人の自由・・・というか
ある程度決まったレール上に「今」もう「既に」あると思ってます。
※貧しい中にも幸せはあるよ・・・とかそういうのは抜きにしてね、今回は。
でもホント最近、派遣社員とか契約社員とか増えたよね。
周りでもそうで、かなり実感してます。昔からこんなもんなんだべか。

正社員の生き甲斐と、起業の生き甲斐
正社員のリスクと、起業のリスク
正社員の賃金と、起業の賃金

はたして
 
正社員の生き甲斐<起業の生き甲斐
正社員のリスク<起業のリスク
正社員の賃金<起業の賃金

こうなるのか。
少なくとも、今までの話からすると

正社員のリスク<起業のリスク は相当怪しい
正社員のリスク>起業のリスク の可能性はあるって言う話。
でも、起業も失敗したらNFですからね、一種の。笑
宝くじ外れましたぁ〜ってリスクはあるね。(デカイよね。汗)

正社員の賃金<起業の賃金
これは・・・
30%が正社員の賃金(普通かそれ以下)で
60%は起業の賃金(富裕層)という現実。
ポジティブシンキングで俺なら6割の方に入るな、って人も良し。
普通かそれ以下でいいんですって人。OK。
残り10%はどこいったんだって?んなもん知らネェよ。
カンペってか手帳に書いてねぇんだもん。(無責任。笑)

それでも面白いと思える自信と覚悟がある人は是非って話でした。
要は「自己責任」ス。これは何でもそうだよね。
(無責任な締めくくりしといてコレ。笑)
他責にしない、あーだこーだ言わない。大事。



とまぁ言いたいことは、そんな難しい話もそうだけど
下賤な話、先読みとか、勘とか、感とか、大事にしましょうや
ってのも今回のサブタイトルだったりします。

人間は進化と同時に「勘」や「感」を失ったというより
「理性」とか「知識」とか経験則、常識で抑制された、と昔講義で聞きました。
女のヒト・・・なかなか働くみたいですね、勘。コワっ。笑

五感に投資をして六感(勘)を研ぎ澄ます。大事ですね。

・・・あぁ〜もっと書けたハズなんだけどなぁ・・・尻すぼみ。無念。

========
今週のRobo(仮)
========
文、長かったし、パーツぶっ壊れたからコレだけね。(ヤケ)


逆からねじ込んだ図
robo3031miss.jpg

ポケモンやりてぇんだよっ!!笑
posted by I氏 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。