2011年03月09日

【ヒト】新説:男女の友情について

「男女の友情は、あるが脆い」を持論に29年やってきましたが、この度、ある傾向の下に、新説が追加されました。I氏です。

大きく分けると四パターンにカテゴリ分けされます。

@利害一致パターン
お互い趣味や目的が一緒のパターン。○○してる時間や空間が心地良いので一緒にいる。もしくは、その子の周りが可愛いから、その男の友達はイケメンが多いから、などの理由で繋がっているという利害も含まれる。カラダまで繋がっているという「利害エッチ」パターンもコレ(上手い、俺。笑)

Aしがらみパターン
踏み込みたいけど、その相手の周りや、仲間ぐるみでの付き合いや、自分の周りとの関係もギクシャクするため、先には進まず友情で止まっているパターン。

B草食、奥手パターン
ただ単に勇気がないというか根性無しパターン。今のままがいいし壊したくもないので友情として成立している。

C未来型パターン
今は友情として育み、来るべき時、先々には一緒になるであろうことを予測しつつ、互いに他のパートナーが出来たり、自分はフリーでも相手にはいたりして、タイミングが合わないパターン。

友情が成立しているという事は、互いに嫌悪があるわけでも生理的にムリなわけでもなく、好意が多少なりともあるわけだから上記いずれかのパターン、カテゴリに分類される、という新説を加えた夜。

持論や決定や自分の考えだけで、他の案や新説を受け入れなくなってはアカンなーとも気付いた夜。

謝謝(中国語も体験入学してきました。笑)
posted by I氏 at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。